ホームページの制作料金の相場とは?なぜその料金になるのか?

ホームページ制作会社の料金は、謎のベールに包まれていると感じることがありませんか?実際に制作会社のホームページを見ても明確に「この料金です」と明示されていることはあまりなく、仮にあっても「参考」程度の料金表が掲載されているだけではないでしょうか。

こうした状況がホームページ制作の「相場」をいまいち把握しづらくさせているのは間違いありません。でもそれは何も制作会社側が意地悪をしているわけではなく、制作会社側も明確な水準を出すのが難しいからなのです。

ホームページ制作の料金の仕組み

原材料や仕入れがないホームページの制作ですが、ホームページ制作料金の原価の内訳はそのほとんどが「人件費」です。人件費というのは主に、ディレクター(or営業)、デザイナー、エンジニアの3職種のスタッフにかかる人件費です。

ごくごく簡単に、この3職種を説明すると下記となります。

  1. ・ディレクター_クライアントとの折衝や制作の指揮進行を担当
  2. ・デザイナー_デザインを担当
  3. ・エンジニア_インターネット上でデザイン通り表示/動作させるコードを記述(コーディング)したり、システムの開発を担当

ここでは話を単純化するために、この3職種の業務を全て一人でこなすのスタッフ(日給13,0000円≒月給30万円)がいると仮定します。このスタッフが全10ページのごくごくシンプルなホームページを制作するためにかかる日数が15日だったと仮定しましょう。

もちろんこの15日には、提案書の作成から打ち合わせや折衝業務、デザイン業務、コーディング業務、修正対応、バグチェックなど制作業務全般を含めます。その時の原価は「195,000円」になりますね。

繰り返し強調しておきますが、これはあくまで単純化したごくごく最小限の「原価」です。ページ数が多かったり、ワードプレスなどのCMSを導入したり、企業ロゴをあわせて制作したりすると、それだけ制作にかかる日数が多くなります。またいい人材を揃えている制作会社はそれだけ給料も高く支払っていることになります。
つまり一般的なホームページ制作の料金の仕組みは、「その制作会社のスタッフを何日使うか?」が根っこになっています。もちろん時間をかければかけるほど、できあがるホームページのクオリティは高くなります。

ホームページ制作の相場は?

ホームページ制作料金の仕組みがわかると、料金が不明瞭なわけでもホームページ制作会社の「言い値」で決まるわけでもないこともご理解いただけるかと思います。

ホームページ制作会社に依頼が来るホームページは実に多種多様です。1枚もののランディングページから、100ページを超すホームページ、ECサイト、Webサービスを提供するメディアサイトなど、同じものはひとつとしてないと言っても過言ではないのです。

とは言え、「おおよその相場感」がないと依頼する側も困惑してしまうことになります。そこで本稿では、ホームページ制作料金の相場を3つの価格帯に大別して示したいと思います。

~15万円未満 格安系ホームページ制作会社や、ランディングページ(1枚もの)の価格帯。
30~50万円 一般的な中小企業のホームページの価格帯。ホームページとして必須の機能やクオリティを確保できるライン。
100万円超 100ページを超す大型ホームページや、特殊なシステム開発が必要となるホームページの価格帯。認知度の高い企業ホームページや(準)公的機関、Webサイト上でサービス提供しているケースなどではよくある価格帯。

上表はあくまで価格「帯」です。ラインではなくゾーンのようにこの3つの水準の中間層が広がっているとイメージするのがいいでしょう。いずれの価格帯も上記の「制作にかかる日数(=工数)」が根っこになっているのは言うまでもありません。

例えば、格安ホームページ制作会社の場合は、工数を短縮するためにテンプレート(デザインの鋳型のようなもの)を多用することで料金を抑えています。また大規模なシステム開発が伴う場合は、もっと上の300万円~500万円というゾーンもあります。

制作料金の相場だけでなく、ランニングコストは必ずチェックを!

上記の相場の中でもあえて相場を示すとなれば「30~100万円」のゾーンが、ホームページ制作料金の多くが収まる価格帯になります。しかしホームページの制作料金の相場だけに目を奪われてはいけないことが1点あります。それは月々発生する「ランニングコスト」です。

例えば、「制作費用が30万円、管理費が1万円/月」のA社と、「制作費用が50万円で管理費がサーバー代のみで1,500円/月」のB社を比較してみましょう。

企業のホームページは基本的に事業を継続する間、ずっと運営していくものです。5年周期でリニューアルしていくと仮定するなら、5年間の両社のコストは下記です。

  1. ・A社_制作費用30万円+管理費60万円=90万円
  2. ・B社_制作費用50万円+管理費9万円=59万円

ひと目でB社のほうがコストパフォーマンスが高いことがわかりますが、それだけではありません。もう一度ホームページ制作料金の根本に立ち返りましょう。

ホームページ制作料金の根っこは「制作会社のスタッフをどれだけ使えるか?」でした。つまり「制作費用」はホームページのクオリティを生むのです。ですが「管理費」はどうでしょうか?基本的に「管理費」名目のものは、現状の維持やちょっとした修正くらいの対応になることが多いのです。つまり管理費を高く支払っても何も生まれるものがありません。

この違いはかなり大きいと見るべきです。A社と同じ90万円を支払うならB社の制作費用にあと31万円を乗せてしまったほうが断然価値のあるホームページになってしまうのです。

まとめ

ホームページ制作会社の料金の仕組みがわかると適正な相場だけでなく、いろいろなことが見えるようになります。ただ最後に繰り返しますが、「制作費用」はクオリティを生むものです。制作費用の相場に振り回される必要はありませんし、また制作費用外のコストにも必ず目を向けるようにしてください。

東京のおすすめホームページ制作会社5選

  • 社名株式会社エムハンド
  • URLhttp://m-hand.jp/
  • 制作費用52.5万円
  • ランニングコストなし
  • 最短の納期1~1.5ヶ月
  • 社名FEEL DESIGN
  • URLhttp://feel-design.jp/
  • 制作費用27万円
  • ランニングコストなし
  • 最短の納期1.5~2ヶ月
  • 社名BRISK
  • URLhttps://b-risk.jp/
  • 制作費用50万円
  • ランニングコスト5万円(自社でサーバー契約する場合はなし)
  • 最短の納期1~1.5ヶ月
  • 社名アップウェブ
  • URLhttp://upweb.jp/
  • 制作費用67.5万円
  • ランニングコスト月1万円~(オプション)
  • 最短の納期1ヶ月(特急プランあり)
  • 社名bit
  • URLhttps://www.bit-tokyo.jp/
  • 制作費用約90万円
  • ランニングコスト初年2.8万円、次年より1.7万円
  • 最短の納期3ヶ月